calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2009.09.27 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    久しぶりの洗車

    0
       久しぶりに洗車しました。

       この前、春一番とか言ってましたが、自宅付近が砂嵐状態になりました。
       幸い、私のバイクは1年点検でバイク屋さんに入庫しておりましたので、直撃は免れました。(妻のバイクは直撃を受けました。)

       しかし、その後も雨が降りましたので、砂を水に溶かしてぶっ掛けてそのまま乾かしたような汚れになってしまいました。
       黒いボディーなので砂汚れは特に目立ちます。

       そこで、本日気合を入れて洗車することにしました。

      1.邪魔な(大切なものですが)リアボックスをはずしました。
      2.ちょっと荒っぽいですが、でかいブラシに水をつけてボディー全体を軽くゴシゴシ
      3.プラセームで水分をふきあげました。
      4.塗装部分は、自動車用のコート剤をヌルヌリ。

       ここからが、本題!

       無塗装のプラスチック部分のことです。
       皆様も経験あると思いますが、時間がたつと白っぽくなってくるんですよね。
       欧州車なんかも無塗装のプラスチック部分が多く、同じようなことになると思います。実際、愛車のV50も無塗装部分が多いです。

       そこで、私は「AUTO GLYM BUMPER CARE(バンパーケア)」を使用しています。

      AUTO GLYM BUMPER CARE←これです。

       実験してみましょう。

       まず、我が家の古くなったノートPCを用意しました。
      施工前
       それなりに使い込んでいるので表面は白っぽくなっているのですが、いまいちわかりにくいですね。

       それでは、左半分に「バンパーケア」を塗りこんでみます。
      施工後
       結構、塗ったところとそうでないところがわかりますよね。
       実際に、バイクに塗っているところを撮影すればよかったのですが、一生懸命洗車していたので忘れてました。

       塗ったら黒さがよみがえるだけではなく、水をはじいて汚れにくくなるようです。
      水はじきテスト
       はじいてますよね。

       では、洗車に戻ります。
      5.バンパーケアを無塗装部分にヌリヌリ。ザラザラ面は塗りこむように。
      6.もちろん、リアケースも無塗装ですからヌリヌリ。
      7.リアケースを戻して終了。

       続いて妻のバイクも洗車・・・


      AUTOGLYM(オートグリム) 無塗装のバンパーを綺麗に♪ バンパーケア

      JUGEMテーマ:オートグリム



      通勤バトル

      0
         1年点検を終え、初めての通勤

         朝の通勤はちょうど太陽に向かって走行することになりますので、度入りのサングラス(学生のときに購入したポリスの渋いサングラス)をしてバッチリ決めます。
         しかし、素材の私自身がメタボ体系でテンションダウン・・・かっこいいチョイ悪オヤジになってみたい。

         愛車を渡されたときにバイク屋さんにスタートダッシュしないように言われたので、発進時はジワジワと加速しています。ひょっとしたら四輪車よりも発進が遅いです。
         しかし、クラッチにあたりが付くまでどれくらいかかるのだろうか?
         明日もトロトロ安全運転。

         それにしても、ボロボロになったジャケット(合皮のジャンパー)買い換えたいな。




        愛車紹介

        0
           私と一緒に旅をする愛車の紹介をしたいと思います。

          愛車(左は妻の愛車)

           スズキ スカイウェイブ(CJ43A型)
           走行距離 16,000km


           去年の今頃、通勤用に近所のバイク屋さんにて中古で購入しました。
           ちょうど、1年ということで1年点検を終えたばかりです。

          【1年点検・整備の内容】
           ・エンジンオイル交換
           ・オイルフィルター交換
           ・リアブレーキパッド面取り
           ・クラッチハウジング交換
           ・クラッチシュー交換
           ・Vベルト交換


           当分の間は、クラッチがなじむまでスタートダッシュはできません。

           今日もすごく寒かったですが、春が近づくにつれて暖かくなっていきますので、妻(愛車:ホンダ・フォーサイト)と一緒にバイクで遠出したいと思っています。

          追伸:私のはCJ43A型で旧型なのですが、現行型はエンジンはDOHCになり、シート下の荷物入れもめちゃくちゃ大きいですよ。
          続きを読む >>

          | 1/1PAGES |